朧月夜~祈り

2021-04-02 browse


朧月夜~祈り~
//
原作詞: 高野辰之
//
作詞:中島美嘉
//
作曲:葉加瀬太郎
//
菜の花畠に入日薄れ
菜园花前 日薄西山
见渡す山の端霞ふかし
峰棱遍览 晚霞将歛
春风そよふく空を见れば
春风轻拂 仰望天际
夕月かかりてにおい淡し
黄昏晓月 暗香浅浅
里わの火影も森の色も
万家灯火 森林更显缤纷
田中の小路をたどる人も
归人走在田埂小路上
蛙のなくねもかねの音も
原本寂静的蛙鸣 或是钟声
さながら霞める胧月夜
都开始漂浮在这片余晖之下的胧月夜
闻いて闻いて瞳闭じたら
你听,你听,只要闭上眼睛
风の星の歌がきこえる
那些来自凉风与星光的歌声,你都能够听得见的
菜の花畠に入日薄れ
太阳西下 没入薄暮花田
见渡す山の端霞ふしか
望见深邃的晚霞 在那山峦彼端
春风そよふく空を见れば
随著春风轻轻吹拂 若是凝视著天空
夕月かかりてにおい淡し
彷佛就能嗅到 月光夕照的淡淡香气
遥か遥か远い未来に
很久很久以后,在那遥远的未来里
强く强く辉き放て
也要坚强地坚强地绽放光芒
全て全て母なら大地
所有一切一切,都是被身为母亲的大地所孕育
生きて生きてこの胸の中
继续活著吧,活著吧,都将永存於这片胸臆之中
終わり
//
歌手:中島美嘉