コイ

2021-05-04 browse


恋 - 星野源
词:星野源
曲:星野源
営みの
天色渐暗 
街が暮れたら色めき
平常的街道开始活跃起来
風たちは運ぶわ
晚风推动着
カラスと人々の群れ
密集的乌鸦和纷扰的人群
意味なんか
没有什么特殊的意义 
ないさ暮らしがあるだけ
只是普普通通的生活
ただ腹を空かせて
只是饿着肚子 
君の元へ帰るんだ
回到有你的家
物心ついたらふと
忽然理解了 
見上げて思うことが
这才是生活的美妙
この世にいる誰も
无论这世界上的每一人 
二人から
从两个人开始
胸の中にあるもの
内心的某种情感 
いつか見えなくなるもの
不知何时会消失的那种情感
それは側にいること
这种情感就在身边 
いつも思い出して
无论何时都会想起
君の中にあるもの
你心中的那种情感 
距離の中にある鼓動
距离感中产生的那种悸动
恋をしたの貴方の
恋爱中的你 
指の混ざり頬の香り
相扣的十指 脸庞的芳香 
夫婦を超えてゆけ
是超越了夫妇之间的情感
みにくいと
丑陋的 
秘めた想いは色づき
秘密的心事开始成熟
白鳥は運ぶわ
随着天鹅飞向远方
当たり前を変えながら
改变着理所当然
恋せずにいられないな
忍不住要去恋爱 
似た顔も虚構にも
无论相似的还是幻想的你的脸庞
愛が生まれるのは
人们会产生爱意 
一人から
正因为都是孑然一身
胸の中にあるもの
内心的某种情感
いつか見えなくなるもの
不知何时会消失的那种情
それは側にいること
这种情感就在你的身边 
いつも思い出して
无论何时都会想起
君の中にあるもの
你心中的那种情感 
距離の中にある鼓動
距离感中产生的那种悸动
恋をしたの貴方の
恋爱中的你 
指の混ざり頬の香り
相扣的十指 脸庞的芳香 
夫婦を超えてゆけ
是超越了夫妇之间的那种情感
泣き顔も黙る夜も
无论是哭泣的脸 沉默的夜
揺れる笑顔も
还是摇曳的笑脸
いつまでもいつまでも
无论何时 无论何时
胸の中にあるもの
内心的那种情感 
いつか見えなくなるもの
不知何时会消失的那种情感
それは側にいること
这种情感就在你的身边 
いつも思い出して
无论何时都会想起
君の中にあるもの
你心中的那种情感 
距離の中にある鼓動
距离感中产生的那种悸动
恋をしたの貴方の
恋爱中的你 
指の混ざり頬の香り
相扣的十指 脸庞的芳香 
夫婦を超えてゆけ
是超越了夫妇之间的那种情感
二人を超えてゆけ
是超越了两个人的那种情感
一人を超えてゆけ
是超越了自己的那种情感
歌手:星野源